Skip to main content.
行き違いや待避ができる「駅」のプラン。
<使用ユニトラック> M1セット+V1セット (=M2セット)


トラス鉄橋で迫力のあるが「立体交差」のプラン。
<使用ユニトラック> M1セット+V2セット


車両が増えたときに必要になる車庫となる「引込線」を入れたのプラン。
<使用ユニトラック> M1セット+V3セット


2列車の同時運転を楽しむ「複線」のプラン。
<使用ユニトラック> M1セット+V6セット+パワーパック


複線でそれぞれに待避線を持った「交換駅」のプラン。
<使用ユニトラック> M2セット+V1セット+V6セット (=M1セット+V1セット×2+V6セット)


支線の「分岐駅」と「立体交差」に「引込線」を加えた変化に富んだ運転のを楽しむプラン。
<使用ユニトラック> M2セット(=M1セット+V1セット)+V2セット+V3セット+V5セット 


ユニトラック単品を追加して、プランを拡張してみましょう。
列車の長さに応じて停車する駅や引込線の延長を行います。
<使用ユニトラック> M2セット(=M1セット+V1セット)+V3セット+直線248mm×6セット