Skip to main content.

  V11〜V16:複線線路と立体交差

 

  ユニトラック複線線路シリーズ

V線路セット・複線シリーズ「V11〜V16」は世界初のカーブで車両がリアルに傾く「カント」※付きユニトラックです。地平部・勾配部は(V11・V12・V14・V16)、都市部の鉄道では標準となっている、実物同様の間隔で並べられたコンクリート枕木(PC枕木)やカーブで車両が傾くカント付きの曲線線路をリアルに再現。また、高架部は(V13)、新幹線や近郊路線の高架部でよく見られるスラブ軌道(バラストのないコンクリート軌道)・カント付きの曲線線路をリアルに再現。駅部(V15)は同形状の複線間隔変更/単線線路をラインナップしております。

V線路セットシリーズ:複線線路バージョン

※カントとは、カーブ部分で列車をスムースに通過させるために、カーブの内側の線路と外側の線路に高低差をつけて遠心力を分散させるしくみで、実物の鉄道で用いられているのと同様の技術です。KATOのV線路セット複線線路は、実物と同様にカーブの出入口で徐々に高低差をつけるためのアプローチ線路と高低差のあるカント部分のカーブ線路を組み合わせて用います。アプローチ線路の接続方法にご注意ください。
<ユニトラック規格は共通、さまざまな道床バリエーション>


※左:単線ユニトラックとも接続OK ※右:複線ワイド架線柱は別売オプションです。

スタータセットおよびマスターセット、V線路セットシリーズ(V1〜V10)や、単線ユニトラックの単品線路とも、そのまま接続が可能です(写真左)。基準となる複線間隔も、M1+V6(もしくはV5)で採用している複線間隔と同一です。本シリーズの複線線路の道床は、V11・V12付属の地上線路はコンクリート(PC)枕木+バラストの一体表現、V12付属の高架線路がコンクリート(PC)枕木+バラスト、V13付属の高架線路がスラブ軌道となっています(写真右)。

<実感的な大きな曲線半径を採用>
カーブ半径はゆるやかなR414/381を採用し、実感的なスケールスピードによる高速走行をお楽しみいただけます。

<自由度の高いプラン構成>
単品線路パッケージもご用意しておりますので、プランを自由度は無限大。お好みに合わせて発展できます。

単品パッケージ
<製品情報>
詳細な情報は katomodels.com もご覧ください。
V11〜V14 → http://www.katomodels.com/n/unitrack_v11/
V15〜V16 → http://www.katomodels.com/n/unitrack_v15/